年会費のかかるクレジットカードの保有枚数

キャッシングベスト3

年会費がかかるクレジットカード保有枚数の理想は?

クレジットカードを6枚ほど保有している私ですが、普段使っていないカードがあり、それらカードの中には年会費がかかるものと年会費無料のものがあります。あまりよく分からないのですが、年会費がかかるクレジットカード保有枚数に理想ってあるのでしょうか?

クレジットカードは2枚保有するのがベストです

クレジットカードは保有枚数が多ければ多いほどお得だと思う方が少なくないのですが、保有枚数の理想は2枚です。一枚をメインで利用し、もう一枚を補助的に利用するのがベストです。なぜ、2枚がベストなのか、2枚のカードをどのように使い分けたら良いのか、その点に触れていきたいと思います。

クレジットカード保有枚数を極力少なくしたい理由は、やはり年会費にあるでしょう。年会費がかからないカードをメインとして利用するのがベストですが、年会費無料のカードのサービスに100%満足できないことも。そうなると、やはり年会費がかかってでももう一枚は保有しておきたいところですよね。

かと言って、年会費がかかるのにも関わらず利用しないのではかなりムダです。ですから、利用すべきカードを厳選し、利用するカードだけを保有するのが一番効率がよく節約になります。年会費がかかるクレジットカードで全く利用しないカードは解約しちゃいましょう。

また、海外旅行保険という観点から、保険適用の種類が違うカードを上手に使い分けるために、2枚のカードを保有するのがベストです。

海外旅行保険適用となるために、あるカードはそのカードを持っているだけで保険適用(自動付帯)となりますが、あるカードはそのカードを利用することで保険が利く(利用付帯)ことになります。例えば楽天KCなどの年会費無料のクレジットカードは利用付帯となりますが、年会費を払っているクレカはたいてい自動付帯となります。

海外旅行に時々いくなら面倒のない自動付帯が便利ですが、そんなに頻繁に海外に行かないなら利用付帯のカードでもOKかもしれません。このように、海外旅行保険という観点からクレジットカードの選別ができますね。

もう一つ考えておきたいのが、公共料金をクレジットカードで支払うか否かという点です。クレジットカードで公共料金や電話料金を支払うことでポイントが加算されていきます。よりお得にポイントを貯めたいというのが本音ですよね。

ですから、今の生活環境でクレジットカード利用の公共料金支払いを行なうのに一番お得なクレジットカードはどれか。この観点でクレジットカードを選択することができます。以上の点を参考にクレジットカードを2枚保有し、よりお得にクレカライフを送って下さいね。

一年ごとにクレジットカードの枚数をきちんと確認しておこう

クレジットカードというのは、今や多くの人が利用しているものとして、認識されているものとなっています。カードの種類というものも様々で、かつその内容というものに関しても利用方法というのがいろいろあるという意味では、複数のクレジットカードを同時に所有し、利用しているという人も多いのです。

とはいえ、枚数を多く所有しているという事であれば、どうしても内容について把握するということを怠りがちになるものです。年に一度は、クレジットカードをチェックして、有効期限や、年会費の状況などを確認しておくことを心がけておきましょう。特に有料で年会費がかかるというようなものに関しては、使わないで放置してしまうのは非常にもったいないということが言えます。つかってその会費を取り戻すように配慮しておくということにするか、それとも会費がかからないカードにするかというような取捨選択を常に行うというような意識付けを自分自身が行っておく、ということも必要になります。

クレジットカードでのショッピング以外には、キャッシングができるということもあります。もちろんあまりに複数のカードでキャッシングすると、返済日や内容というものが把握しかねるということにもなるので、できるだけどのカードを利用するかというのを限定して使用するということが大事なポイントとなります。

また、貸金業法の改正によって、キャッシングにおいて借り入れができるお金というのが、限定されているということもありますので、あまりに多くのカードでやりくりするというのもあまり意味をなさないということも考えられるため、適度なカードの管理ということと、使用ということが重要でもあります。(優良な消費者金融一覧が掲載されています→http://xn--q9j930gnfc856bflt4jddul9kessib8n.jpn.org/※キャッシング希望であればこちらから!)
使わないカードであったり、あまりにメリットが少ないと思われるようなものについては、できるだけ見直しをすることによって、自分に本当に必要であるものだけが残るということにもなるので、チェックしてみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 «給与明細がなくてもOK!?»借りられるカード会社はこちら! All Rights Reserved.