知ってるようで知らない金融知識の紹介

キャッシングベスト3

知ってるようで知らないキャッシングにまつわる金融知識を教えて

今度初めてキャッシングを利用しようと思っていますが、私はキャッシングを知ってるようで知らないと思うんです。そこで、キャッシング前に必要となる基礎的金融知識を教えて下さいませんか?

キャッシング金利の基礎は必要不可欠ですよ!

キャッシングデビューおめでとうございます。確かに、キャッシングは‘お金を借りる’だけのことなのですが、奥が深い金融サービスと言えます。自己過信しない質問者さんの態度は素晴らしいと思います。キャッシングをする上で大切な基礎知識は、金利です。金利の基礎を知らないとキャッシングは成功しません。ここで、キャッシング金利に関する基礎知識を学んでください。

まず、キャッシング金利とは何でしょうか?簡単に言うと、お金を借りるレンタル料に当る利息額を割り出すパーセンテージと考えて下さい。借入額に対して何パーセントの金利が課せられるか、この金利が高ければレンタル料が高いということですし、金利が低ければレンタル料が安いということになります。

キャッシング会社の表示する金利は「年利」です。例えば、年利15.0%という場合、1年間借りた時に借入金額に対する割合=年利となります。分かりやすいように借入金額10万円で計算してみましょう。10万円を1年間借りた場合、10万円の15.0%が利息額になりますから、1万5千円が10万円のレンタル料となります。

この利息額を少しでも減らすには、早めに返済することがキーポイントとなります。上の例で、仮に半として返済したとしたら、支払利息額は1万5千円の半分、7500円となります。年利表示されているのは法律上の都合なのですが、利息は日割り計算で支払います。ですから、早めに完済すればそれだけ支払利息額が少なくて済むということです。

そもそもキャッシングにはなぜ金利がかかるのでしょうか?それは、キャッシングという現金貸付がキャッシング会社の商売だからです。貸付金額に対して一定の範囲で金利をかけて利息を受取る。これがキャッシング会社の収益源であり、更に広い範囲で言うと、この金利システムは世界中で採用されている金融システムの基盤となっています。

お金を借りたいという需要に対し、お金を貸す側の供給という必要が一致し成り立っているキャッシング業務。この金利システム失くしてキャッシングは不可能であるという、金融知識を頭に入れておきましょう。

知ってるようで知らないキャッシングの金融知識

キャッシングは金融サービスの一つですから、利用するときには金融知識を持っておくことが必要となりますが、知ってるようで知らないことがあるのも事実です。金融に関しては、数学的な計算や統計的な処理なども必要となってきますが、まず法律について把握しておくことは必要です。

そもそも金融機関というのはどういったものを指すのでしょうか。金融機関とは、金融のサービスを提供する会社のことなのですが、保険会社や証券会社、銀行、貸金業者などがあります。これらはそれぞれで提供するサービスの種類は異なりますから、規制される法律も異なります。金融は経済にとって重要なものですから、それぞれで厳しく規制されていると言えるでしょう。

キャッシングを提供している金融機関は銀行と貸金業者の二つです。この二つに分けられていると言うことは、キャッシングのサービスを選ぶときに走っておかなければならないでしょう。それぞれで規制される法律が異なりますから、提供されるサービスについても基本的な部分で異なっているのです。

銀行は銀行法という法律によって規制されています。これに対して貸金業者は貸金業法という法律によって規制されています。全体的に見れば銀行法のほうが厳しいという傾向はあるのですが、キャッシングに関して言えば貸金業法のほうが厳しいという傾向はあります。

貸金業者とはどういった金融機関を指すのかというと、具体的には消費者金融やクレジットカード会社があります。これらは銀行ではありませんが貸し付けを行うと言うことから、そのためには貸金業者として登録をする事が必要となり、貸金業法の規制を受けます。

キャッシングに関する法律の違いというと、総量規制がもっとも重大な違いです。貸金業法によって総量規制が導入されていますから、貸金業者には総量規制が適用されます。しかし、貸金業者以外には適用されません。つまり、銀行のキャッシングには総量規制は関係ない規制なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 «給与明細がなくてもOK!?»借りられるカード会社はこちら! All Rights Reserved.